保管したままのお土産

いつでもすぐ引っ越しできるように、改めて荷物の整理をして、出来る限りの最低限にまとめたいなぁって思っているんだけど、なかなか10箱以下にならない荷物たち。

どうしても捨てられないものってあるよね。

その中の一つが、このお土産(一部)たち。

珠算の先生にお別れ時にもらったサッカーのキーホルダー(先生がかなりのご高齢で教室を閉めることになった最後の日に。なぜ?(笑))、

中学時代、学校が大嫌いで(教師は決めつけばかり、同級生はなんだかガキ過ぎて馴染めなかった。三年間学校一の問題児3人と同じクラスという不運地元では下から二番目のお馬鹿危ない市立学校って言われてた。)、先が読めた宿泊行事は全て不参加。

案の定、宿泊行事後の初登校日は、必ず臨時学年集会でお説教。問題児が女子部屋に覗きに入ったとか個人行動したとか夜抜け出したとかで

だから、先生に何度説得されようと意地でも行かなかったスキー教室や修学旅行なんだけど、なぜかいつもクラスメイトからお土産をもらっていた。

修学旅行のときは、担任始め、他クラスの先生(いきなり呼び出されて内緒ね〜って言いながら渡してくれた。)やあまり仲良くない(そもそも小学校から一緒の子以外あまり付き合ってなかった)クラスメイトからも沢山お土産をもらった。嫌われてなかったのかな

ものすごいビックリして、し過ぎて未だに覚えている。

写真にはないけど、ご当地キティちゃんキーホルダーとか食べ物(八つ橋とか)とか色。

今は、なんでくれたのか(わざわざ買ってきてくれたのか)、聞いてみたかったりする。

当時は、面食らってありがとうしか言えなかったから。もう、覚えていないかもしれないけれど。

反面、高校はめちゃくちゃ楽しくて、教師にも同級生にも非常に恵まれてなにもかもが楽しかった。

(あっ、小学校時代も最高に素晴らしかった!)

その当時にもらったParis土産のコースターやマグネット、写真にはないイタリア土産のマグカップ。

社会人になってからも仕事で参加出来なかったイベントのお土産とか、思い起こせばいつも何かしら貰うことが多かったなーって。誕生日やクリスマス、ホワイトデー以外にも。私はちゃんとお返しできていたかなぁ?

色思いがあって、捨てることもあげることも使うことも出来なくて長い長い間、そのままのお土産たち。

いつかは、使わないともったいないかなぁ。

でも、なんかもったいなさすぎて使えない。

話は変わるけど、七夕に晴れている日は、久しぶりな気がする。だいたい雨が多いような。

月も綺麗だったし。明日は満月だし!

ちなみに、今日は妹夫婦の結婚一周年記念でもある。

おままごとみたいな結婚だから、正直、一年持たないと思っていたが、上手くいっているみたいでホッとしている。このまま続きますように

願いが叶いますように