【民進党・細野豪志】「新党結成」 離党を伝達 数人が同調の構え

細野氏「新党結成」

民進離党を伝達 

数人が同調の構え

民進党細野豪志環境相は四日午前、自身のグループに所属する国会議員に対し

「離党して新党をつくりたい」

と述べ、離党の意向を伝達した。

周辺議員は慰留を続ける考えだが、応じない見通し。

午後のグループ会合で正式表明する。

離党に踏み切れば、同党の議員数人が同調する構え。

蓮舫代表の辞任表明を受けた二十一日告示の代表選を控え、党内の混乱が拡大する可能性がある。

 

関係者によると、細野氏は周囲に

「新しい受け皿をつくりたい。いち早く離党しないと政界再編をリードできない」

と述べた。

代表選告示前の離党を目指しており、地域政党都民ファーストの会」を事実上率いている小池百合子東京都知事との連携も探る。

 

細野氏は四日午前、国会内でグループ所属の榛葉賀津也(しんばかづや)参院国対委員長中根康浩衆院議員と相次いで会談した。

会談後、榛葉氏は記者団に

「党の幹事長、代表代行という要職を務めた方だから、よくよく考えて行動すべきだ。仲間の意見を聞きながら、政治家だから最後は自分で判断すべきだ」

と述べた。

自身の現時点の離党については否定した。

 

午後の会合にはグループ所属の現職の国会議員らが出席する。

細野氏が離党を表明した場合はグループの解散も検討する。