あの年この歌 1980年 音楽業界、革命いっぱい

この年は、THE ALFEERCサクセションが、時代に合わせて、フォークからロックバンドへと、スタイルを変えだした年という事です

ニューミュージックやテクノポップが流行り出していた。

音楽機材も、色々新しいものが出てきて、自宅録音、「宅録」ができるようになったそうです。

そして、女性アイドルも、山口百恵さん引退して、河合奈保子さん、松本伊代さんの時代到来。

曲が、いかにもアイドルって感じ。

そんな中、ただ一人、松田聖子さんは、ニューミュージックの大御所が作詞・作曲。

だから、聖子さんの楽曲は、アイドルソングだけど、ニューミュージック的に、あかぬけていて、名曲ばかりだ、、、という事でした。

私は、同年代の女性アイドルは、あんまり興味なかったけど、RCサクセションのライブを、深夜番組で、見たような思い出があります。

アイドルのコンサートとは、何か違う客席の盛り上がりで、これがロックのライブなんだー!と、思いました。

RCの、チャボさんのコメントがあって、うれしかった

なかなか、ミュージシャンの人は、TVに出ないですよね。